Foretellixは、自動運転システムのための世界で最初の ALKS規制検証パッケージのリリースを発表

MobileyeとForetellixがRSSを搭載した新しいALKSパッケージを使って安全規制コンプライアンスフローを実証

2020年10月27日
株式会社バーチャルメカニクス

株式会社バーチャルメカニクス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:滝田栄治、以下、「バーチャルメカニクス」)は、Foretifyソフトウェア開発元であるForetellix社から、新たに発表された自動車線維持システム(ALKS)規制のための、世界初の商用ソリューションである新しいALKS検証パッケージがリリースされたことを発表します。

新しいパッケージには、ALKSの安全規制とコンプライアンスフローの共同デモンストレーションが成功した後のMobileye Responsibility-Sensitive Safety(RSS)のサポートが含まれています。新しい検証パッケージは、自動車メーカーがALKS自動運転システムの規制および認証要件に対応するのに役立ちます。

Foretellixは最近、レベル2の運転支援技術からレベル4の高速道路に焦点を合わせた完全自律型ソリューションまで、すぐに使用できる包括的な検証パッケージを提供する新しいADAS&Highwayソリューションをリリースしました。新しいパッケージの導入により、このソリューションには、世界初のレベル3規制であるUNECEによる新しいALKS規制の初めての商用実装が含まれています。

Mobileyeとの共同デモンストレーションでは、ALKS検証パッケージが必要な規制シナリオとパラメーターを生成し、RSS制御の車両動作に関する測定可能なメトリックを提供しました。パッケージはMobileyeのRSSモデルを使用して、テストされた車両が危険な状況を起動せず、他の車両によって生じた危険な状況に適切に応答することを保証しました。これらのシナリオは、さまざまなパラメータ値にわたって変化し、安全性と規制要件が満たされていることを示しています。

「CoverageDriven検証アプローチとMobileyeのRSSを組み合わせることで、業界を測定可能な安全性の目標に近づけることができることを示すことができて嬉しく思います」と、最高規制担当責任者兼Foretellixの共同創設者であるGil Amidは述べています。

MobileyeのAV規格担当副社長であるJack Weastは、次のように述べています。「規制当局は、車両が合理的に予見可能で回避可能な衝突を防ぐ能力があるかの証明を要求とします。「RSSを使用したForetellixのForetifyアプローチにより、OEM(非常時管理局)は、世界で最も先進的な自動運転規制への準拠を実証することができます。」

Foretellix日本代理店
株式会社バーチャルメカニクス
管理本部
橋本勇希
052-265-6035
info@vmc.jp

 

Visit us at 216 Innovation Blvd | Ecomotion, TLV, May 9-12

Your request has been sent

We’ll get back to you as soon as possible.

M-SDL Open Source Project Registration

Enter your query below and we'll get back to you shortly

Enter your query below and we'll get back to you shortly

* Required field

We're committed to your privacy. Foretellix uses the information you provide to us to contact you about our relevant content, products, and services. You may unsubscribe from these communications at any time. For more information, check out our Privacy Policy.

Enter your details below to sign up for the Foretellix newsletter!